外部連携で、業務をよりスムーズに

連携ソリューション

i-Reporter連携i-Reporter

現場の紙をデジタル化、帳票作成・報告

「i-Reporter」で入力された情報、更新情報、承認などを「direct」で簡単に確認ができるようになります。「i-Reporter」と「direct」がシームレスに連携できるので、現場業務の遂行スピードを上げ、効率化することができます。


Garoon連携Garoon

外出先からスケジュール確認

「direct」上でGaroon連携ボットと会話するだけでパソコンを立ち上げることなく、「direct」から「Garoon」のスケジュール参照や登録、施設予約状況の確認が簡単に実現できます。


kintone連携kintone

外出先からボットとの会話で日報入力

会社のパソコンからおこなっていたような操作を「kintone」へログインすることなく「direct」から確認できるようになり、外出先からでも「kintone」の情報を参照することができます。
「direct」からボットの問いかけに答えていくだけで、案件への活動履歴や日報を「kintone」に書き込み保存することが出来ます。


SPIDERPLUS連携SPIDERPLUS

設計図面のリアルタイム共有

「SPIDERPLUS」で図面変更など最新版をアップロードする時に「direct」でメッセージ送信ボタンを押すと「direct」にメッセージが届き、リンク先をクリックすることでいつでも変更された最新の図面を確認することができます。プッシュ通知ですぐに気づくことができ、リアルタイムで図面が一斉共有されるため手戻りが減り、生産性向上につながります。


box/Dropbox連携box/Dropbox

写真・ファイル共有

トークやノートのクラウドサービス連携アイコンから「Box」や「Dropbox」に接続し、クラウドストレージ上にあるファイルを選択すると共有リンクURLが生成され、メンバー内で共有することが可能です。

※クラウドサービス連携機能のオン/オフ設定は組織の所有者のみがおこなえます。デフォルトの設定はオフになっております。ご利用の際は設定をオンにしてください。