建設・住宅・不動産

「今ココスタンプ」で位置情報を活用し業務効率が3割アップ
拠点間の社員コミュニケーションも向上

有限会社たけちゃんほーむ

  • 代表取締役
    武島 多加雄 様

地元のテレビCMでおなじみのたけちゃんほーむは沖縄本島と宮古島を拠点とし、住まい探しのパートナーとしてアパートやマンション、テナントなどの賃貸、仲介、管理業務と、土地建物の売買や仲介などをおこなう企業です。「動かない不動産を動かす“パワー不動産”」をモットーに、1500件以上の物件を管理しながら沖縄No. 1の不動産企業を目指して日々まい進しています。

2000年4月の創業以来、人々にパワーを与えながら成長し続けるたけちゃんほーむで「direct」がどのように活用されているかを伺いました。

テレビCM
たけちゃんほーむ テレビCM

社員の状況を「direct」で共有し業務の効率化を図る

武島様

以前はいつ誰がどこに外出しているかといった社員のスケジュールが共有できていなかったため、問い合わせが入った物件のすぐ近くに社員がいることを知らず、別の社員が対応しに現場に向かってしまい効率の悪さを感じていました。社員が少なかった時はスケジュール管理をしなくても社員同士の進捗が把握できていましたが、社員が増えたことでスケジュール管理や情報共有の必要性を感じ業務の効率化を図って「direct」の導入を決定しました。

業務報告の共有と物件管理に活用

当社では「那覇本店」「宮古島店」「清掃隊」など拠点や業務チームでトークを作成し、業務報告や物件の管理・共有として活用しています。「今ココスタンプ」を使った現在地情報と現場の写真を共有して物件管理をおこなっています。ワンタップするだけでトーク内のメンバー全員への共有が完了するので非常に便利です。

「今ココスタンプ」画面

「今ココスタンプ」を活用し業務効率が3割アップ
拠点間の社員コミュニケーションも向上

「direct」の「今ココスタンプ」を活用することで、現場での待ち合わせが正確になりました。さらに、各社員の外出先が把握できるようになり、突発的に発生した物件の確認を近隣にいる社員が対応するなど、臨機応変に連携がとれるようになり、業務効率が3割アップしています。

また当社では、業務報告だけではなく社員同士のコミュニケーションも大切にしています。当社は那覇本店と宮古島店が離れているため、拠点内のイベントや社員が集まる機会があると社員の紹介や集合写真を「direct」で共有しています。コミュニケーションが向上し拠点間をつなぐ大切なツールになっています。

※記載内容は2020年8月時点のものです。