サービス

社員間の電話・メールが7割削減、顧客対応スピードが向上
「アクションスタンプ」の活用でタスク漏れが大幅減

株式会社りゅうせきフロントライン

  • ソリューション事業部
    ソリューション営業担当
    主任

    山下 貴子 様
  • ソリューション事業部
    ソリューション営業担当

    垣花 美鈴 様
  • ソリューション事業部
    ソリューション営業担当
    ICT担当 次長

    東恩納 猛 様

株式会社りゅうせきフロントラインは、戦後初の民間石油供給会社として石油やガソリンやガスなどのエネルギーを扱う株式会社りゅうせきのグループ会社です。りゅうせきネットワークグループの事業再編により“グループの最前線でさまざまな事業にチャレンジする”という意味を込め「株式会社りゅうせきフロントライン」として令和元年10月1日にスタートしました。

現在、沖縄県最大規模のauショップ店舗やUQスポットを運営する情報通信事業部、カーブス事業やホテル・飲食事業、印刷物やホームページなどを作成する広告メディア事業、ICT事業やソリューション事業など、さまざまな事業を取り扱う会社としてお客さまへワンストップサービスを展開しています。ソリューション事業部ICT部門では「direct」の販売代理店として沖縄地域で多くのお客さまにご提案いただいています。

多岐にわたる事業領域と最先端の技術で、沖縄の皆さまに安心で豊かな生活のお手伝いを届ける株式会社りゅうせきフロントラインで「direct」がどのように活用されているかを伺いました。

操作性が良く汎用性が高いコミュニケーションツール「direct」

課長以上の会議メンバーでトークを作成し、会議の日程や内容を共有しています。Googleドライブ上に保存している会議資料は「direct」のノート機能でURLを共有しながら運用しています。トーク内のメンバーのみで共有することができ、編集も可能なノート機能はとても便利に利用しています。

また、経営層から管理職へのタスク指示に「アクションスタンプ」を活用しています。タスクの送信などがトークから簡単にでき、実行側もワンタップするだけで達成報告ができるので操作の煩わしさがまったくありません。タスク漏れが大幅に減り効率化につながっています。

社員間の電話やメールの件数が7割削減し、顧客対応スピードが全社的に向上

「direct」導入前は、お客さまからの問い合わせ電話を受けた際に担当者の名前を聞いて折り返し連絡をするという流れでした。しかし担当者に電話をしてもなかなかつながらないことやタイミングが合わないなど、何度もやりとりが発生してしまい、結果としてお客さまをお待たせしてしまうことがありました。

現在は、トークで情報共有をすれば担当者の手が空いた時に確認できるため、すぐに伝言が完了して顧客対応スピードが全社的に向上しました。また同時に、用件が伝わるまで何度もやりとりしていた社員間の電話やメールの件数が7割削減され、劇的な業務効率化が実現できました。

※記載内容は2020年7月時点のものです。